朝日杯FS2021の枠順確定!出走予定表はこちら!個人的な本命ダノンスコーピオン、対抗はジオグリフ。

個人的には有馬記念よりこっちの方が気になる朝日杯FS。

今年は5億円越えの馬ドーブネがいるし、セリフォスは強いし、ジオグリフも強いし…と面白いメンバーが揃ったイメージですね。

M-1グランプリでお笑い界のスーパーヒーローが生まれるのと同じ日に、2歳馬のナンバーワンが決まります!

朝日杯FS2021の枠順確定!出走予定表はこちら!

1枠1番 カジュフェイス(牡2、栗東・森田) 秋山真

2枠2番 セッカチケーン(牡2、美浦・高柳瑞) 団野
2枠3番 アルナシーム(牡2、栗東・橋口) 池添

3枠4番 セリフォス(牡2、栗東・中内田) C.デムーロ
3枠5番 ヴィアドロローサ(牡2、美浦・加藤征) 鮫島駿

4枠6番 オタルエバー(牡2、栗東・中竹) 幸
4枠7番 ダノンスコーピオン(牡2、栗東・安田隆) 松山

5枠8番 プルパレイ(牡2、栗東・須貝) M.デムーロ
5枠9番 ドウデュース(牡2、栗東・友道) 武豊

6枠10番 スプリットザシー(牝2、栗東・西村) 和田竜
6枠11番 ドーブネ(牡2、栗東・武幸) 吉田隼

7枠12番 トウシンマカオ(牡2、美浦・高柳瑞) 戸崎
7枠13番 ジオグリフ(牡2、美浦・木村) C.ルメール

8枠14番 トゥードジボン(牡2、栗東・四位) 藤岡佑
8枠15番 シンリミテス(牡2、栗東・大根田) 国分優

本命はダノンスコーピオン、対抗ジオグリフと予想。

12月19日に阪神競馬場で開催される第73回朝日杯FS(GI、芝1600m)の枠順が本日12月17日に確定。

  • 無敗3連勝中のセリフォスは3枠4番。
  • 札幌2歳Sを制したジオグリフは7枠13番。
  • 萩S勝ち馬・ダノンスコーピオンは4枠7番。
  • 5億円馬ドーブネ6枠11番。

個人的に推しているのはダノンスコーピオン。

松山騎手が騎乗して、栗東坂路併せ馬で、古馬2勝クラスを追走しており、ラストの伸びが素晴らしかったというのは、力がある馬の証明な気がします。

2歳馬は精神的な部分が大きいと思いますので、ダノンスコーピオンが追い付いているのが素晴らしいなと。しぶとい馬なので阪神は間違いなくあっているかなと。

対抗はジオグリフ。

札幌2歳ステークスでは、道中最後方に控え、3、4コーナーで外から軽くマクるようにポジションを上げていって、直線で脚を伸ばしてラスト100mで流して完勝は強すぎる。ルメールが振り返りながら最後完全に流していましたからね。モノが違うイメージ。

恐ろしい強さのセリフォスはここで本当に強い馬たちが揃う中で勝ち切れるか?というところをみたいなと。