東京都は多羅尾光睦(たらおみつちか)副知事が職務代理。小池百合子都知事が過労でダウン・入院。珍しい苗字。

東京都は22日夜、小池百合子知事(68)について

過度の疲労により、静養が必要となった

と発表しました。さすがにこの状況で過労はあるよなー。

入院が必要な状況で、新型コロナウイルスの感染はないとのこと。

検査のため都内の病院に入り、職務代行は多羅尾光睦(たらおみつちか)副知事が行うことになります。

6月27日まで多羅尾光睦氏が職務代理を務めることになります。

多羅尾光睦(たらおみつちか)氏のプロフィール

多羅尾 光睦(たらお みつちか、1957年8月23日 – )は、日本の地方公務員です。

多羅尾氏は、2018年に小池百合子知事に副知事地に起用されました。

2018年6月22日に人事案が固められて、都議会定例会に提案され2018年6月27日の本会議で同意がなされて副知事になりました。

舛添要一前知事が任命した副知事は全員入れ替える形になり、小池百合子カラーを推し進めた結果の象徴として最後の副知事となったのが印象的な人物でしたよね。

多羅尾光睦(たらおみつちか)氏はどこ出身?

多羅尾光睦(たらおみつちか)氏は、東京都出身。

東京都立武蔵高校、青山学院大学卒業。学部は法学部。

多羅尾光睦(たらおみつちか)氏のこれまでの経歴

東京都港湾局長兼東京臨海高速鉄道取締役、東京都生活文化局長、東京都総務局長等を経て、東京都副知事、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会副会長、東京都職員共済組合理事長。

1980年 東京都に入庁

2004年 東京都立保健科学大学事務局長

2006年 東京都総務局行政改革調整担当部長

2007年 東京都港湾局総務部長

2010年 東京都人事委員会事務局長

2012年 東京都港湾局長兼東京臨海高速鉄道取締役、東京都生活文化局長

2016年 東京都総務局長

2018年~ 東京都副知事 

2020年 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会副会長

という経歴です。

多羅尾光睦(たらおみつちか)氏の先祖は?

多羅尾氏は鎌倉時代に近江国甲賀郡信楽荘多羅尾に発祥し、江戸時代末までこの地を治めた武家である。

1296年(永仁4年)、信楽は近衛氏の荘園であり、この地に隠居していた近衛家基が亡くなりました。

その後、息子の経平と多羅尾の地侍の娘との間に男子が生まれ、この子供ははじめ高山太郎と名乗っていたものの、1303年(嘉元元年)多羅尾の地名を姓とし、名も改めて多羅尾師俊と名乗るようになったとされています。

これが多羅尾氏の始まりとされています。

あんまりいない苗字ですからね。多羅尾氏の始まりが残っているのがすごいですよね。

東京には副知事が4人いるの知ってました?

普通地方公共団体の長に事故があるとき、又は長が欠けたときは、副知事がその職務を代理することが定められています。

この場合において副知事が二人以上あるときは、あらかじめ当該普通地方公共団体の長が定めた順序で代理をすることが地方自治法第152条で定められています。

東京都の職務代理順序は次のとおりとなっており、この順番通りに多羅尾さんが小池百合子さんの代理をすることになります。

  • 第一順位 副知事 多羅尾 光睦
  • 第二順位 副知事 梶原 洋
  • 第三順位 副知事 武市 敬
  • 第四順位 副知事 宮坂 学

ちなみにそれぞれの担当事項も定められています。

副知事担任事項
多羅尾 光睦一 次の局等に関すること。
総務局、オリンピック・パラリンピック準備局、産業労働局、港湾局、東京消防庁、都民安全推進本部
二 次の行政委員会との連絡に関すること。
人事委員会、公安委員会
梶原 洋一 次の局等に関すること。
政策企画局、生活文化局、福祉保健局、住宅政策本部、病院経営本部
二 次の行政委員会等との連絡に関すること。
教育委員会、選挙管理委員会、監査委員、労働委員会
武市 敬一 次の局等に関すること。
財務局、主税局、都市整備局、環境局、建設局、会計管理局、交通局、水道局、下水道局、中央卸売市場
二 次の行政委員会との連絡に関すること。
収用委員会
宮坂 学一 次の局等に関すること。
デジタルサービス局

まとめ

多羅尾光睦(たらおみつちか)氏はこれから大変なタイミングでの職務代行になりそうなので、結構大変でしょうね…。

東京五輪にはかなり逆風で、小池百合子さんの都民ファーストは無観客を主張しているのに菅総理を含む与党は、観客あり、しかも五輪貴族の皆さんはどんどん入れようとしていますからね…。

そこで戦うのは大変だ…。多羅尾さんがどれだけうまい中継ぎ登板をできるのか楽しみにしています。

敗戦処理にならないといいんですけどね…。